せっかく頑張って投資で利益を出しても、余計に税金を払っていては意味がありません。より得な選択をしていくことが重要になります。

  • ホーム
  • 初心者が株を始めるにはどうすれば良い?

初心者が株を始めるにはどうすれば良い?

株式投資というと、証券会社の店舗に行って窓口で銘柄を指定して購入手続きをするという連想をすることがありますが、そのイメージは既に過去のものになっています。
現在はインターネットのみで株式の売買を完結させることが出来るのです。

株初心者の株の始め方についてを見ていきたいと思います。
株式投資を始めるときは、まず証券会社に口座を作らなければなりません。
これから始めるのであればネット証券で口座を開設するのがおすすめです。
自宅に居ながらにして口座開設の手続きを行うことが可能で、書類に不備がなければ一週間もかからずに売買を始めることができます。

すでに自分で手続きをするのが面倒だなと思った方は投資のプロである投資顧問に頼るのも一つの方法です。
投資についての助言をしてくれますので、銘柄を選びの参考にもなります。
ただし投資顧問会社も数多くありますので選ぶ際は、株初心者も利用しやすい投資顧問か見極めるためにも必ず以下のような口コミ評価をチェックしておきましょう。
評価も様々なものはありますが、高評価ばかりの会社は自作自演の可能性もあるので気を付けることが重要です。

話を戻しますが、口座開設手続きはどのネット証券でも大きな違いはなく、ウェブサイトの口座開設ページを開いて必要事項を入力し、いくつかの質問に答えて身分証明書をアップロードするという手順になっています。
この際、インターネットに慣れていない人は郵送で手続きを行うことも可能ですが、説明をよく読めばどんな人でもネットで口座を開設できるはずです。

手続きを終えて数日待つと、自宅に取引口座のログインIDとパスワードが送られてきます。
そのIDとパスワードを使ってログインすると株式投資を始められますが、投資を行うためには口座に資金を入金しなければなりません。
入金方法は複数あり自由に選ぶことが出来ますが、主流になっているのはクイック入金です。
銀行口座からネット証券の取引口座にリアルタイム送金できるシステムで、多くの場合で手数料が掛からないため基本的にはクイック入金を利用すれば問題ありません。

また、ネット証券は独自の取引ツールを用意していて、パソコンやスマートフォンにインストールすることで利用できるようになります。
取引ツールは様々な注文方法を選ぶことが出来たり、投資する銘柄を選ぶための分析機能を有するため初心者は使い方をしっかりと勉強しておくべきです。
取引ツールの使い方を理解してから実際に株式銘柄を購入するのが正しい初め方だと言えます。

株初心者におすすめの取引方法

株初心者は、取引口座を開設すると深く考えずに有名企業の株式を買ってしまいがちです。
しかし、それでは利益を出すことを目的とする投資にはなりません。
仮にその取引で利益が出たとしても、それは運に恵まれただけであり継続して利益を出し続けることが出来ません。
株初心者は、正しい株の初め方を学んで実践することが大切です。

株初心者の場合、取引口座を開設してもすぐに入金をする必要はありません。
まずはデモトレードを行って取引を練習することがおすすめです。
そのため、取引口座を開設する段階でデモトレードが行えるネット証券を選んでおくことが求められます。

デモトレードで取引感覚を掴んだら、いよいよ本物の株式市場で銘柄を購入する段階に移ります。
このとき、肝に銘じなければならないのは少額の投資資金で始めるという点です。
デモトレードで練習したとは言え、実際に自分の資金を投じて株式銘柄を購入することは大きなプレッシャーが伴い的確なタイミングで購入することや決済することが出来ないことがあります。
そういったことが起きたときに、損失を最小限に抑えるために少額の資金で取引することが株式投資を長く続けるためのポイントになります。
仮に自己資金の全てを投入して損失を被ると、次の取引を行う資金が不足するということも起こり得ます。
取引に慣れるまでは、少額の資金で売買を繰り返すべきです。

また、株初心者は特に逆指値注文を使うことがおすすめです。
逆指値注文は株価が上がったら買い、下がったら売ることが出来る注文ですが、この注文方法をストップロスとして機能させることが損失を抑えるコツです。
銘柄を購入したあと購入価格から少し安い価格で逆指値注文を入れておくことで、仮に株価が下がってもわずかな損失で取引を終えることが可能になります。