せっかく頑張って投資で利益を出しても、余計に税金を払っていては意味がありません。より得な選択をしていくことが重要になります。

IPO株の仕組みについて

IPO株とは、新規に公開される株のことです。
新規公開株とも呼ばれます。
IPO株はまず、各証券会社に割り当てられます。
その後、証券会社を通じ、機関投資家および個人投資家に配分されるという仕組みです。
IPO株は利益を出しやすいため、購入したがる人が多く、普通の証券取引のように、先着順というわけにはいきません。

IPO株の仕組みのひとつとして一般的におこなわれているのが、ブック・ビルディング、即ちBBと呼ばれる入札方式です。
IPO株を購入したい投資家は、事前に決められている株価を参考に、希望する購入株数を、証券会社を通して申告します。
株価は、新規公開株を発行する会社の業績と似た、他の上場会社の株価を参考にして決められます。
その株価には上限と下限があり、購入希望の申告をする際に、上限と下限の範囲内で希望株価を選ぶことが可能です。

購入希望者が多い場合は、主に抽選で決める仕組みになっています。
購入者を決める方法には2通りあります。
完全抽選と裁量配分です。
一般的にネット証券会社では、申込者をすべて公平に扱い、完全に抽選だけで購入者を決めますが、昔からある大手証券会社は、得意客を優遇して購入者を決める傾向があります。
大手証券会社で長く取引している場合は、裁量配分される可能性がありますので、大手証券会社に申し込むのが得策でしょう。

IPO株が有利な投資方法だと考える投資家の多くが、何度もIPO株の購入希望を出します。
証券会社の中には、抽選での落選回数が多い人を、優遇するシステムにしているところもあります。
購入希望を出したら、購入できる資金を証券会社に預けなければならないことが多いです。
抽選結果がわかるまで、その資金は拘束されますから、多くの証券会社に同時に購入希望を出すというのは困難です。
IPO株が、自分に配分されそうな証券会社を選ぶことが望まれます。

配分方法は、各証券会社でまちまちですので、事前によく調べてから申し込みましょう。

IPO株が利益を出すのが簡単な理由

IPO株が利益を出すのが簡単な理由は、できて間もない会社であるからです。
できたばかりでまだ知名度が低く、株式発行数も少ないうちに早めに株式を取得しておいたほうが、後々の値上がりが見込めます。
また、証券取引がそこそこ活発である時期には、一般的にIPO株というのは、上場直後にほとんど値上がりします。
つまり、ほぼ値上がり確実な株であるということです。
統計的にそう判断し、確実な投資方法だと踏んで、IPO株を欲しがる人々が多いです。

IPO株の上場前の株価、即ち公募価格は、低めに設定されている場合もあります。
低めかどうかは、投資家が自己責任で判断することになりますが、上場すると、誰でも先着順で購入することが可能になるため、上場後の初値は公募価格よりも値上がりするケースが多いです。
その場合、初値ですぐ売り抜ければ、利益が得られます。
売り抜ける際には、指値注文も成り行き注文も可能です。
なお、上場後に購入する際には、初値が出るまで、成り行き注文はできません。

IPO株の場合は、初値がつくまでは、値幅制限がありません。
ストップ高もストップ安もないため、場合によってはかなり大きな利益が見込めます。
もちろん、ハイリスクハイリターンではあるわけですが、今までのところは、ストップ安になるということはなく、大きく値上がりするケースが大半であったため、統計的に判断して、IPO株を購入したがる人が多い状況が続いています。

上場後に購入するよりも、購入者が限定されている上場前に購入したほうが、利益を出しやすいという傾向はあるでしょう。
しかし、全部がそうであるという保証はありません。
あくまでも、今まではそうだったということです。