せっかく頑張って投資で利益を出しても、余計に税金を払っていては意味がありません。より得な選択をしていくことが重要になります。

  • ホーム
  • NISA制度とその始め方について

NISA制度とその始め方について

NISAとは、日本の少額投資非課税制度のことです。
2014年にスタートしました。
株式や投資信託への投資では、通常なら売却益と配当金に対し、20%が課税されます。
しかし、NISAを使えば、年間120万円までの投資で得た売却益と配当金が、非課税となります。
NISAを適用させて非課税とするには、金融機関に、NISAの口座を開設することが必要です。

わが国では、余裕資金を預貯金に回す個人の比率が海外に比べて圧倒的に多く、株式投資は敬遠されがちな傾向にあります。
政府が、経済成長を促すために、個人の株式投資を推奨するという目的で、この制度が生まれました。

NISA口座を開設できるのは、その年の1月1日の時点で20歳以上である日本居住者です。
NISA口座を開設すると、年間120万円まで、その口座内で株式や投資信託を購入できます。
5年間にわたり、毎年120万円投資でき、合計600万円まで非課税での投資ができます。
投資した金融商品は、途中で自由に売却可能です。
年度の途中で売却して、投資している額が120万円を切っても、120万円に満たない分を、非課税枠として再利用することはできません。

120万円を超えて投資をしたい場合は、NISA口座とは別に、普通の口座を金融機関に開設する必要があります。
その口座で取引した場合は、売却益にも配当金にも課税されます。
普通の口座とNISA口座が、同じ金融機関になくても一向にかまいません。
NISA口座はひとりにつきひとつの口座しかつくれませんが、普通の口座は、いくらでもつくることができます。
いくつもの金融機関に、口座を開設している人も多いです。

NISAの始め方は、決して難しくはありません。
株式や投資信託を扱っている金融機関に申し込みをし、本人確認書類を提出し、質問事項に答えてていくだけです。
店頭まで足を運ばず、郵送でのやり取りもできますし、オンラインで手続きできる場合もあります。
口座開設料は、無料です。

NISAで非課税となる金額は?

NISAで非課税となるのは、年間120万円の枠内で投資した株式や投資信託の譲渡益や配当金です。
仮に、120万円で購入した株式が、3倍の360万円になったとして、その売却益の240万円が非課税となります。
原則は20%の課税ですから、本来なら48万円の税額となります。
その48万円の税金が、かからなくなるということです。

このように、NISAで非課税となる金額は、年間120万円の非課税枠内で投資した、株式や投資信託の値上がり額によってまちまちと言えます。
非課税枠は、毎年120万円ずつ増えていきますから、5年間では、600万となります。
その間に購入した株式や投資信託が、NISA口座が終了する、開設から5年後の時点で、どうなっているかです。
値上がりしている可能性もありますが、値下がりしている可能性も同様にあります。

NISAの始め方で注意すべき点は、口座開設から5年後には、口座が閉鎖されるということです。
閉鎖と同時に、投資した金融商品を売却する必要はありません。
普通の口座に移せばいいだけです。
ただ、移した時点での株価や投資信託の値段が、普通の口座における購入額と見なされていくため、不利益をこうむることもあります。
そのため、NISA口座で購入した金融商品は、閉鎖される5年後まで、利益が出ている場合はもちろん、損失が出ている場合であっても、売却したほうがいいと考える人もいます。

NISAは、年間120万円までの投資商品について、売却益にも配当金にも課税しないという制度です。
少額投資者には一般的にはメリットがあるものの、投資した金融商品が値下がりした場合には、不利になる点もあり、改善が検討されつつあります。